部屋に荷物を置いたら、速攻温泉!(炎_炎)

コチラの宿では、大浴場の他に、貸切露天が3つ。
予約制ではなく、空いてたら入れるというシステム。

貸切露天のある庭園へ出る手前に、案内札があって、
入るときにひっくり返し、出たらまたひっくり返します。

早く着いたということは、
急げばイチバン乗りかも!
と急いで向いました。

案の定、全部空いてたので、とりあえず黄葉へ。( ̄▽ ̄)
(写真は出たところ、他も全部埋まってました)

ただね~この札がね~
忘れる人が多かったっぽくて~

ひっくり返さずに露天へ向う人を度々見かけました。
空いてると思って向う人もいたし、
空いて無いと思って、札の前で順番を待ってる人も…。

ずっと待ってる人がいたので「空いてましたよ」と声をかけるも、
アジア系外国人の方で、言葉が通じず…断念。f(´-`;)

この日は、外人さんが多かったので…。
やっぱり読めないんじゃないかしら?

スリッパから下駄に履き替えて、小径を進みます。

まずは、コチラ。

お~悪く無いね~♪(´ー`)

脱衣所と、簡単な洗面台のみ。

床が濡れたら、さっとひとふき。
この時は「何で拭けと言うのよー。タオルしか無いよー」と思ったが、
この中にモップが入ってたのかも?と、

今、思いました。( ̄▽ ̄)ゞ

天気が良いと、露天は最高!

虫さんと、葉っぱさん…。(-“-;)

やはり、ここは「大人の隠れ家的温泉宿」では無い模様。
いや、そんなことはエントランスから分かってましたけれど。
こんな感じの注意書き。いや、促し掲示板が、アチラコチラにありました。

いや~もぅそんなことは、どうでもぃぃい~~♪
極楽ぢゃー。

ちなみに。全種類制覇しました。

コチラ、一番人気が無かった、はな樽。
夕飯の後に来てみたら、ココしか空いて無かったので仕方なく。

完全に塀に囲まれてますが、コレ、露天て言うの?f(´-`;)

2番人気と思われる「紅葉」
はな樽から出て覗いたら空いてたので、入ろうと思ったけど…

上の札を見に行ったら案の定「入浴中」になってて、

待ち人有りだったので写真だけ撮りました。
ここで「空いてますよ」と伝えたが、外国の方だったのでした。(_ _;)

あ、あとは~

スリッパも結構な確率で無くなりましたわ。

なんで人のスリッパ履いてくかな~?
この辺り、ナイスアイデアだった「あせび野」さんが懐かしいです…(´ー`)

しょっぱなの貸切露天から出て来たら、スリッパが無い…
そして靴箱には革靴が。革靴を脱いで、
下駄でなく、スリッパ履いて行っちゃった!みたいな。
通りかかったスタッフの方に事情を話して持って来てもらいました。

走って対応してくれたスタッフさんに、
好感度アップ。

さて、お次は大浴場でございますっ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ

JUGEMテーマ:クチコミの宿