結婚記念日と、旦那の誕生日祝いを兼ねて、
金曜日から1泊で、箱根へ言って参りました♪

心配してた台風も過ぎ去り、絶好の行楽日和 w(´▽`)w
晴れオンナ説。健在っ!

チェックインの15時に宿に着く様に、昼頃のロマンスカーで。

アレ?空いてるわ~。

ウチらの車両には、他に2組しかおらん。
時間が遅いから?と思ったけど、考えてみれば平日ですネ。

ビバ平日!

車内での食事。アタシは前回同様、ミルフィーユカツサンド。
と、崎陽軒のシュウマイ(旦那とシェア)

旦那は「こゆるぎ弁当」
コレ、ちょっと貰ったら美味しかった!
おかずのバランスも良いし、筍の煮物が特に良いお味でございました。

箱根湯本から、バスで宮の下へ。
宮の下からは送迎有り。到着の連絡をしてリムジンバスを待ちます。

目の前には吟遊。今日も満室だろうなぁ。

目の前にある景色は、吟遊のテラスや露天から見える景色と一緒のハズなんだけど。
ここから見ると、なんだか感動が違うわ~。(-_-)ウーム

10分弱ほど待ったとこで、お迎え。
車は武蔵野別館の送迎用でした。

今回の宿は「時の雫」さんでございます。

箱根吟遊と武蔵野別館と同系列のお宿。

前々から、何度か候補には上がるものの、
大浴場が無い/朝食が洋食のみ/夕食は浴衣NG っていう辺りが気になって
予約までには至らなかったんですが。

今回は一休のタイムサービスプランで、
ちょっとだけお安くなってたのを、たまたま見つけて…。
大体、記念日に温泉行こう!と決めたのがかなり遅かったので~

今なら空いてるし、安いならいいか!
と、ポチったのでした。

エントランスは水の流れる階段を上がります~。

入口に到着。

玄関を入ると、

ロビーとかラウンジという物は一切無く、
受付のカウンターがあるのみ。

黒服に身を包んだ「コンシェルジュ」と呼ばれるスタッフが4名ほど待機していて
「○○様、お待ちしておりました。早速ですがお部屋へご案内致します」と
お部屋に直行です。

こういうスタイルは初めてだなー。

全部で8室しかない宿で、全てが「スイート」と位置づけられたお部屋。

部屋タイプは、3タイプ。
スイートが5部屋、プレミアムスイートが2部屋、グランドスイートが1部屋。
全室レイアウトやインテリアはちょっとづつ違うみたい。

言わずもがな、一休のタイムサービスプランですから。

今回は、スイートとは言え、
一番リーズナブルなお部屋ですわ。
(^▽^;)

今回アサインされたのは501。Pommard:65㎡
「絶景スイート」というお部屋らしいです。

玄関オープン♪

結構広めな玄関、右側の壁についてる手すりがお洒落~。
目の前にはクロゼット。

玄関を上がって、右へ。
左手にはクロゼットの横にお茶セットや冷蔵庫が収納された戸棚。
右側にはトイレや水回りがありますが、それは後ほど。

このちょっとした廊下も、ワイドな造りになってますねー。
こういうところが広々してると、気持ち良いよね♪

その奥に、ソファーとベッド。
ん?ここまでくると

「想像してたより狭めか?」という印象が。(^▽^;)

「どうぞお座り下さいませ」と勧められ、

まずは、コンシェルジュさんが、
ウエルカムシャンパンを注いでくれます。

シャンパンって辺りが、
ラグジュアリ~なコンセプトを彷彿とさせますネ。f(´-`;)

アタシはアルコール飲めないと、事前に伝えてあったので、
「ゆず蜜」を用意してくれました。ソーダ割りで爽やかな美味しさ。

この日アタシ達の担当をしてくれたコンシェルジュさんは、
イケメン風な若い男性でした。

「お見受けした所、ご主人様は身長がお高くございますので、
浴衣のサイズをLLに交換させて頂きます。
今すぐお持ち致しますので、しばらくお待ち下さいませ」と…。

ホテルマンの様な丁寧な言葉遣いで、好感度も高し。( ̄▽ ̄)

ここで、お風呂の説明や、武蔵の別館の大浴場の説明や、
夕食の予約など、一通りの説明をしてくれます。

コンシェルジュさんが退室した後、

目の前の景色を眺めながら、とりあえず一息~。

お次はお部屋の細かいレポですっ。

今日も元気にポチっとな♪

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ

JUGEMテーマ:クチコミの宿