あの後も、おシゴトの依頼が続いて、
ダメだ…キャパオーバーかも…と、結局2本お断りすることに。

あと1週間ズレてくれてたら断らずに済んだのになー。(-_-)ウーム
重なる時はドッと重なるっていうジンクスもまた、健在なり。

ホントは時間無いけどーコッチも滞ると気になるのでー
時の雫レポ。続けますっ。( ̄‥ ̄)=3

時の雫には大浴場は無いけれど、
同じ敷地内にある武蔵野別館の大浴場が利用可能。

浴衣でOK。

浴衣に着替えたダンナを見たら…ツンツルテン!
それ!アタシのだよー。
アンタのは「LL」に変えてくれたって言ってたやんか。f(´-`;)
全く気が付かないってどういうことよ。
 

…気を取り直して…

大浴場が無いのがネック…移動が面倒…と思ってたが、
こんなに近いなら無問題。武蔵野別館も気になってた宿なので、
ポジティブに捉えると

こりゃ一度で2度美味しい♪ w(´▽`)w ってことですネ。

時の雫とは対照的な、純和風の旅館です。

入口にはお月見の飾り付け。うさぎがカワイイ。

玄関で草履を脱いで、エントランスを上がると「コチラで少々お待ち下さい」と。

ロビーの様なところで、ちょっと待たされます。
なんで待たないといけないのかしら?と思いつつ座ると、

目の前には庭園が広がって、雰囲気は◎。

玄関も広々していて、立派な旅館だな~って感じです。

数分後、仲居さんがタオルを持って案内してくれました。

そうか、大浴場の場所とか、湯上がり処の説明とかあるもんね?
それで待たないとダメなのね。

脱衣所です。
先客が居たようで、ちょっと乱れておりますが
清潔感もあって悪く無い。

コチラには、化粧水・乳液・洗顔フォーム がありました。
綿棒・コットン・当然ティッシュも。クレンジングは無かったな。

そして内湯。
やや古さは感じるものの、やっぱり広いお風呂は気持ちよいですわ♪

洗い場。仕切りがあって◎。
お湯はボタンの、自動で止まるタイプ。
こういうのって、間隔が短いと、いちいち押さなくちゃならなくてメンドー!
ですが、ここは間隔がやや長めでした。

露天もありますが、
常に人がいて写真は撮れませんでした。スミマセンっ。

内湯の横にある階段を上がった先に、こじんまりとした檜の丸いお風呂。
周りは冊と緑に囲まれていて、ヌケ感にはやや欠けるかな。

他人同士だと、パーソナルスペースを考えたら、3人が限界か?
ってぐらいの小さめサイズ。老朽化もちょろっと感じたな。

アタシが入りに行ったら、おばさまが先に入っていて、
紅葉やら天気の世間話に。

その後、もうひとりおばさまがいらして「失礼します」と言いながら入浴。
ま、挨拶しないと~な雰囲気になるぐらい狭いってコトですね。f(´-`;)

「あらあら、お湯が溢れちゃって~」と言いながら入るおばさま。
「誰でも溢れますから!大丈夫ですよ~」とアタシ。(^▽^;)
ホントに細めの方だったしねっ。

知らない人と、ゆったりした時間。楽しかったー♪

待ち合わせに使える、湯上がり処。

キレイでちゃんとしてますー。
カウンター内には常にスタッフがいて、

冷たいお茶を出してくれます。

セルフサービスじゃないところが、高級旅館ぽいですネ。

おまけ:電話がレトロ!

ダンナに聞いたら、男湯もほぼ似た様な大きさ・造りだったみたい。
ただ、露天は内湯からガラスを1枚隔てたテラスにあったとか。

そっちのが眺望はひらけてそうだったな~。( ̄‥ ̄)

この時は、朝風呂でまた来ようと思ってたけど、
実際朝になったら、浴衣に着替えなくちゃならないし、
入口でまた待つのかもしれないし…何気ないワンアクションが面倒くさくなって

結局、これっきり行きませんでした。

もしかしたら、入替制だったかも。しくじったかー?( ̄▽ ̄;)

さて、お次は夕食篇です。

今日もポチっと押すがいい。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ

JUGEMテーマ:クチコミの宿