お風呂を堪能したあとは、お待ちかねの夕食タイムです!

この日のメニュー。料理長は「孝太郎」さん。※いつも一緒?

旬菜のお盆。
9月初旬だったので、秋らしい盛りつけのお料理が並んでます。
高さ的に写真には写ってないけれど、左上にはススキの飾り付けも。

秋と言えば定番の「松茸の土瓶蒸し」
毎回コレが出る度に旦那に「どうやって食べるの?」と聞かれる…。
いい加減おぼえてくれ。
てか…アタシの食べ方も正しいのかどうか不明だけどっ!(汗)

中には松茸とエビと鱧。
鱧の骨切りがちょっと甘い?なんとなく口の中で小骨があたる(´・ω・`)ションボリ

お造り。本鮪が、ねっとりと甘くて美味しかった!

ワサビと醤油もありますが、岩塩を自分で削って…という演出も。

洋皿がひとつ混ざります。和牛ランプ肉のロースト。
ちょっと冷め気味だったのが惜しい!お肉は柔らかかったけれど、
フォアグラがいまひとつ。

秋らしい煮物。やさしいお味でございました。

白玉のあんがけ?ねっとりとした食感がアタシ好み。

酢の物?と思ったら、グレープフルーツドレッシング和えでした。
さっぱりとした一口。ちょっと繊細さに欠けるかなぁ~。

食事は、松茸ご飯か、白米とジャコが選べます。
アタシは松茸ご飯を。薄味で美味しかったです!
いつも思うけど…なんで赤出しなんでしょね?
普通のみそ汁が飲みたい…といつも思う。

旦那はじゃこで。白米が美味しかった!

デザートは2種類。日本茶と一緒に出て来たのは、葡萄羊羹。

一口サイズ。旦那が「コレ美味しい!」と、とっても気に入ってた。

イモクリが大好きなアタシは2つめのデザート、モンブランがお気に入り。
素朴な甘さで美味しかった!
柿が添えてあるのも嬉しいですわ~。

食後にはお茶が出るけれど、やっぱりアタシはコーヒーが飲みたかった…。
やむを得ず、部屋に置いてあったアップルティーでガマン。

部屋食だと、料理のタイミングにいつもドキドキしちゃうけれど、
(出てくるのが遅いとお腹いっぱいになっちゃうので)
早すぎず、遅すぎず。とってもスムーズでした。

運んで来てくれるお姉さんも、気さくでいい感じのサービスっぷり。
葡萄羊羹に感動した旦那が「これも自家製?」と言うので、
アタシが「孝太郎サンのお手製ですよね?」と聞くと、
「はい、孝太郎とその仲間達が作っております」って…(^▽^;) 笑った。

お料理は最高に美味しかった!とまではいかないけれど…
「まぁまぁ美味しかった!満足!」とは思いました。