ラウンジでお茶したあと、
お部屋に戻って、再び部屋の露天風呂を満喫。

で!

お待ちかねの夕食です♪

お食事は、本館にあるダイニング「懐石茶や水音」にて。

写真はテラス側から撮ったダイニングの外観。
雨が降ったわけじゃないのに床が濡れてるのは…
お掃除のあとだったのかしら?

春や夏はこのテラスで食事したら気持ち良いだろうな~~~~。

お食事の時間は、第一陣が17:30から。
第二陣は、一陣が終わり次第のご案内。

お風呂を堪能したかったんで、アタシ達は第二陣を希望。
19:30ぐらいから というアバウトな時間設定で
その頃フロントへお越し下さい。という案内でした。

時間通り、待たされることも無く
テーブルにすんなり案内されまして。
ドリンクの注文と、お品書きのおおまかな説明。

ここで…アタシのアレルギー「貝類」の説明が一切無かったんで
ちょっと不安になり、テーブルを担当してくれた女性スタッフに尋ねると

はい!承知しております!と
何も確認したりせず、その場で
お願いしてあった内容をスラスラと説明してくれました。

当然なことかもしれないけど、

これには おぉ~ と思った。
( ̄▽ ̄) すっかり安心。

お品書きコース名は「睦月」迎春

箸初
鮟肝・柿なます・鴨串打ち・一寸豆。

一品目もお正月らしい雰囲気のお皿。

なますのお酢の感じも丁度良く、
どれもキチンと美味しい♪w(´▽`)w 

期待が高まります!

温菜はかわいらしい器で。

ほどよくユーモアのある接客。
和食器の説明もちょこちょこ入ったりして、

この女性スタッフに好印象。

アワビの大和焼き。
花豆・クルミ・針ゴボウ。

これがー!めちゃ旨♪ でした。d( ̄◇ ̄)b

今回のお料理の中で、いちばん美味しかった。
アワビも柔らかく、少し味噌を感じる
ほうれんそうのクリーミーなソースがまろやか~濃厚~。

もっと食べたい!と思うぐらいの丁度良い量も良かった。

お次は「椀」
赤色が鮮やかなキラキラした器で。

蟹玉子豆腐
新筍・冬瓜・新蕗・生姜

やさしいお味。

造里

鯛・鰆・本マグロ・車海老に、本当は「平貝」ですが
アタシの貝アレルギー対応で、こちらは変更
 
→ 何に代わってたか…忘れまして、すみません。ゞ( ̄∇ ̄;)

添え物や醤油も一工夫あって、楽しかったです。
まぐろは…もっと食べたかったけども。f(´-`;)

煮物/金目鯛の蕪鍋。
舞茸・しめじ・京葱・葛きり・加減酢醤油

中鉢
フカヒレ餡かけ。
飛竜頭・姫青梗菜・姫蕪・生姜

いわゆる、鱶鰭餡かけのお味です。
もちろん、美味しかったですよ。

でも、汁・汁・と続いたので、そろそろ~

と思ってたら、焼物♪ だよね。そういう流れだよね。

愛鷹牛肉の炙り
伊豆椎茸・隠元豆・慈姑・ニンジン・レンコン・特製ソース

慈姑が、ドラえもんの鈴の様でカワイイ。( ̄▽ ̄)

牛肉は言わずもがな。
柔らかくて旨味もあって、美味しいお肉でした♪

ただ、このソースが、照焼きっぽいというか
ちょっと甘かったかな~。
個人的には、もう少しさっぱりソースでも良かったな。

強肴
サーモン砧巻き 
→ 写真ではちゃんと見えてないけど、繊細なおシゴトでした。

黄身酢・胡瓜・市田柿・茗荷

箸休めでサッパリ。

ここまでで、腹8分ぐらい。
うーん。丁度良い量だな~って思ってたアタシですが。

最後のお食事で。一気に満腹に。

やっぱり、炭水化物ってクルね~。

釜土炊き伊豆産こしひかり
とろろがちょろっと・香の物・蛸つみれの白みそ仕立て。

ごはんが、美味しくてー。

お腹いっぱいだったけど、完食。

ダンナは、白みそがイマイチ得意ではないので、
最後のこの汁で「まいった」と言っていた。

白みそスキなアタシは、とーっても美味しく頂きました。w(´▽`)w

デザートは、静岡メロン・レインボーレッドキウィ・いちごに、
練乳かな?甘いとろんとしたソースがかかってました。

満・腹!

お料理はどれも美味しく。満足度は高かったデス。

と、サーブのタイミングが素晴らしかった!

食べ終わってから、次のお料理がでてくるまで、
「遅い」とか「早い」とかを一度も感じることなく、
とーってもスムーズ。
それでいて、温かいものはちゃんとアツアツで出て来る辺り、
結構すごいことだなー。と。

お隣のテーブルと、ほぼ同タイミングだったけど、
お隣は別料金メニューを注文したりしていたので
ちょっとズレたり、食べる早さで追いついたりしてたんですが、
両テーブル共に、ナイスなタイミングだった。

ポイント高かったな~。

お次は朝ごはんです~。ポチっとな♪

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ

JUGEMテーマ:クチコミの宿