箱根吟遊レポ。続きます。
もぅ早くアップしないと、後ろが詰まっております(汗

夕食は、午後7時からお部屋のダイニングで。
「花火にのせて」というタイトル…。どの辺りが?はこれからのお楽しみ。( ̄▽ ̄)

まず、前菜です。どんなコース料理でも、
アタシは「前菜」が一番好き~。

「掴み」といいましょうか。
前菜が美味しければ、もぅ5割は満足。(それでも5割かいっ)

今回の前菜は、どれも美味しく感じました。
もぅアタシの気持ちは掴んだも同然です。5割だけど。

写真は伊勢エビのお造りに、海葡萄。
上のジュレはダシ塩味でした。 
これは…美味しいけど…お箸だと食べづらい1品。(-_-)

お椀。葛蓮根がモッチリと優しいお味。

お造り。いかも鮪も美味しかった!

右下は岩塩。
去年はコレをガリガリとセルフで削ったけれど、
今回は「上にお刺身を数秒乗せて頂くだけで塩味が付きます」と。
なるほど。こっちのが良い。ちゃんとほんのり塩味。

でも、醤油のが美味しかった。

洋皿です。バーニャカウダのソースが付いてきました。
写真は撮り忘れました。( ̄▽ ̄)ゞワルイワルイ

バーニャカウダソースが、なめらかなお味。
これは…どこかで食べた味と似てる…そうだ!「やさい家めい」だ。
似てましたよ。

でもね…この辺りからちょっと怪しい雲行き。f(´-`;)

鯵の押し寿司。一口サイズ。

煮物は鶏団子?の白湯仕立て。
いきなり、中華風です。まぁリズムをつけたい気持ちは分かる。

キター。花火にのせて。

コレのことでしたか。(^▽^;)
甘鯛は山をイメージしてるんでしょね。そして、野菜は緑?

花火は、ウニソースやらニンジンソースやらで作られてるそうです。
が、これがどれもあまり味が無い…。
鯛も繊細さに欠けた味で…。
飾りはいいから美味しくして~。

お品書きに「帆立もろこしご飯」とあったから、
ちょー楽しみにしてたのに…アタシには「じゃこ飯」が登場。

アタシ、貝類のアレルギー有り。
しかし、帆立と蚫はOK と、←なんちゅーヤツだ。
予約時も、チェックイン時も、宿側から何度も念押しされていたのに…なぜ!?

仲居サンに尋ねてみたら
結果「帆立しか入っておりませんでしたので、すぐお持ちしますね!」と。
なんかそれも申し訳無いので ←聞いといてこの態度
ダンナがおかわりするって言ってたので、それを少し貰うことに。

コレが。帆立もろこしご飯。

デザートは今年も2種。
まずは「あんみつゼリー」ナタデココなんかも入ってました。

そして、吟遊スイーツという名の、盛り合わせ。
マンゴープリン・桃のショウガ漬け?・チーズクリーム餅・ガトーショコラ。
ガトーショコラが一番美味しかった。

思い出しました。去年もそうでした。

洋皿辺りから、様子がおかしくなって来るんだよね…。
前菜が一番美味しい気が。
ダンナも「初めが美味しくて、だんだん下がるよね」って…同意見。
↑しかもこのセリフ。3日後ぐらいにポツリとつぶやいてた(笑

去年の料理長とお名前が違うので、変わったのかしら?
にしても、感想は去年と同じなのでした。σ(^_^)

決して不味いワケでは無いですよー。
美味しく頂きました!

前菜で5割は掴まれてるしね。
でも…ちょっと残念なお皿があるのも事実ですわ。

JUGEMテーマ:クチコミの宿

 

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
    ↑       ↑
ブログランキングに参加してます。
アナタのポチリが心の支え。ヽ(^▽^)人(^▽^)
)