京都レポの続きですー。

ホテルで朝食を食べたあと、早速お出掛け!

午前中は 千本鳥居 で有名な

稲荷神社の総本山 伏見稲荷大社 へ。

ホテルからバスと電車を乗り継いで30分ほど。
伏見稲荷駅を降りて左に曲がればすぐ参道。
駅から歩いて5分ぐらいでしょうか。

見えて参りました。

参道のアチコチに

外国人に人気の日本の観光スポット2014”第1位受賞

ののぼりやポスターが沢山ありましたよ。(・ω・`)

ココから先は、もうとにかく、全てが「朱」色。

右側の手水舎で、手を清めまして。いざ。

商売繁盛の神様ですから!お参りお参り。

で、千本鳥居はどこぞ!

…と、ここで、千本鳥居は、右と左に分岐しているという…。
どっちが良いの?どっちから行くべきなの?? (´・ω・`)
神社だけに、仕来りがあるんじゃないか?と迷いますが。
どこにも「どっちまわりで」というアナウンスは無い。

基本。あなた次第?


けど、ネットで調べてみたら、神仏の参詣は右まわりが原則なんだとか?
…アタシ、右側から進んじゃったYOー!
何事も事前に調べておくべきですね。

おー!スゴいねぇー。と言いながら、ぐいぐい進みます。

外人さんも感動するかもしれないけど。
日本人にとっても、圧巻です。

三連休の最終日。午前中とはいえ、やはり人気スポットですから。
なかなかの混み具合だったんですが。

奇跡的に訪れた、誰もいない瞬間!

アタシもダンナもワタワタと撮影します。(;´-∀-`)ゞ

このあと、お昼に鴨川沿いのお店を予約していたので…
ある程度のところで引き返して来ちゃいましたが。

この先、まだまだまだまだ続いてます。

鳥居は千本どこじゃなく、1万本ほどあるそうで。
ぐるっと一周すると2時間以上かかるみたいですね。

「願いが通う」「願いが通った」と、
御礼の意味から鳥居を奉納する習慣が広がって、
こんなに沢山の鳥居が並んでいるワケですが。

その奉納の金額が書かれた看板が。

もっと小さいサイズもあるみたいですよ。

※奉納場所によっては初穂料が異なります。とな。

入り口の一番前にあった、多分一番大きなサイズの鳥居が。

電通…。

さすが。∑( ̄Д ̄)

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ

JUGEMテーマ:旅行