扉温泉 明神館レポ:その6【夕食の前半】ナチュレフレンチ菜

明神館さんのレポの続きですー。

さて。いよいよ
お待ちかねの夕食ターイム! 和食と洋食が選べるんだけど、 口コミやサイトを見る限り、どうやら洋食の方がおススメっぽいので洋食をチョイスしました。   メインのお肉を信州和牛に変更する信州和牛コース(1人2.500円の追加オプション)も奮発! 明神館ナチュレフレンチ菜エントランス 18:30に「ナチュレフレンチ菜」へ。 案内されたのは窓際のお席。 明神館 フレンチの店内 別の建物?と思っちゃうぐらいモダンな店内。 ここは六本木か? と思うぐらい都会っぽい雰囲気でしたよ。新しいのかな? 10席の大きなテーブルセッティングは外人さんの団体客用でした。 テーブルの上にはメニューが。 明神館 フレンチメニュー 料理名というより素材名で書かれたお品書き。右側にはシェフの料理に対する熱い想い、強い意志を感じる哲学的な文章で綴られていました。
それもそのはず?
KUSHIマクロビオティックの認定シェフ だそうで。サイトには「身土不二」の精神に基づいて作るシンプルながらも饒舌なコースと説明が。 メニューが素材名なのも納得デス。 アミューズ 1品目のアミューズはとうもろこし。 コーンクリームがサンドされたシューと冷製ポタージュ。
このポタージュが甘い!
衝撃の甘さ! 砂糖入ってる?と疑いたくなるぐらいのスイーツ感でしたが、とうもろこしのみなんですって。   常々、前菜にはサプライズが欲しいと思ってるアタシですが、見た目でなく味で驚かされました。 ほぅほぅ。期待が高まるー。   明神館の夕食 2品目はセビーチェ →平たく言えばマリネ。 パイ生地の様に見えるのは豚の皮を揚げたものだそう。パリパリと軽い食感でこれにもサプラ〜イズ。
白身魚と赤ピーマンのマリネにライムの爽やかな酸味が良く合います。うん美味しい♪
  明神館ディナー  3品目はサラダ? テリーヌの様にカットされているのはベビーリーフ。アボカドのクリーム添えです。 今回のコースで一番驚いたのはコレ! ベビーリーフをこんなに綺麗にスライスできるもの?厚さ1センチぐらいですよ奥さん!   ゼリーで固めてあるみたいだけど、フォークを入れると固まってる感じでもなくて、1枚1枚ほどけていきます。 食感からして冷凍してないだろうし…不思議ー。   シェフの技が光る1皿でした。 続きまして。 帆立とじゃがいもと土。 →メニューにそう書いてあるんだから仕方ない。 大きなお皿に乗ってると、どうしても「少なっ」と思ってしまうセンスの無いアタシでございますが 表面は香ばしく中はふっくらと焼かれた帆立は、旨味がギュっと濃厚でした。土と見立てているのは、オリーブやアンチョビ(確か)を乾燥させて細かく挽いたものなんだとか。   お次は平目・小松菜・コンソメ のお魚料理だったんですが…写真データが見当たらない。撮り忘れた?いや…撮ったはずなんだけど謎。ああああああ〜。   仕方が無いので拙い文章でご説明しますと…   小松菜のサラサラとしたスープの中にポワレした平目が盛られていました。 小松菜のスープが魚にあまり絡まず、お皿の中にたっぷり残ってしまい、スプーン貰えば良かったと後悔した1品。   と…ここで、 画像が多くなっちゃったので次回へ続きます!   また来てね。 後半はこちらー。 ]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。