蛍雪の宿 尚文|宿泊レポ|離れ 露天風呂付き客室のお風呂は天然温泉

尚文の離れ 露天風呂付き客室のお風呂

お部屋のお風呂編です。

尚文の離れ 露天風呂付き客室のお部屋の様子
離れの露天風呂付き客室「かいどう」は、玄関入ってまっすぐ伸びる廊下の突き当たりにお風呂がありました。
ドアオープン♪
尚文の離れ 露天風呂付き客室の専用半露天風呂
天然温泉の源泉掛け流し

→最重要項目

石造りの湯船に天然温泉がなみなみと♪湯加減が丁度よくて何度も入っちゃいました。
けどこれ…
露天風呂ですかね?
半露天風呂では?(汗)
いやちょっと厳しめにジャッジすると内風呂とも言える気が。
尚文の離れ 露天風呂付き客室の専用半露天風呂
気を取り直して。
窓を開け放てば半露天。
朝はそよそよと気持ちいい風に吹かれて快適ではありました。
サッシは風情がないですが、全面網戸がついてるから虫が苦手な人には良いですね!
同じお部屋タイプは他に2つあって。
他のお部屋写真には屋根付きテラスに木造の湯船というお風呂もチラリと見えるので
ここが一番内風呂っぽい作りなのかも。

残念ながらお部屋は選べません。

尚文の離れ 露天風呂付き客室の浴室についてるシャワー
洗い場。

どことなく普通の家庭っぽいお風呂の造り。シャワーのデザインがそう感じさせるんですかね?

尚文の離れ 露天風呂付き客室の洗面所
お風呂の隣に洗面所。

こちらも木の設えでホッコリ感あります。

尚文のアメニティ
当然ですがアメニティは必要最低限揃ってます。
オシャレ感はあまり感じないけど特に不便はございません。
尚文の客室のアメニティ
スパ施設などでよく見かける広告POP&スキンケアアイテムが。
見た目はアレですが、

品揃えは有り難く。

特に洗顔いらずというBBクリームは、夕食時にすっぴんは恥ずかしいという乙女心に応えた商品では?
使った感じは良かったですよ!→使ってるやん
尚文の離れ 露天風呂付き客室のトイレ
ちなみにおトイレは廊下の左側に。

少々こじんまりサイズですがこちらもウッディーなインテリアでした。

スリッパがトイレ専用!とめちゃ主張してますね…。
次回は3つの貸切風呂篇です。

コメントはありません

コメントを閉じる
ひまわり

なんとなーく(いやあからさまに?)虫が多そうな感じがするので、このお風呂の作りは正解だと思ってます
網戸があるの、安心だわー
開放感があるの越したことないですけど、部屋風呂はこんな感じでも良いです私
でも湯船は木のほうが好き
家だと絶対に実現不可能(お金があっても掃除が大変そうだし)な木の湯船、これは旅先ならではですもん
洗面所とかトイレのこの木の感じ、やっぱり好きだなぁ
フローリングだけならもう少し節が目立つほうが好みなんですけど、腰壁も全部となるとこんな感じがいいですね
こんな家建てたいなー(無理ー)

返信する
TSUN

ひまわりさん こんにちは〜♪
あ、うん。虫は多めでした。あからさまにw 冬は解放しても良さそうだけど寒いかな?
自然に囲まれた露天風呂って山ほどあると思うけど、虫が多い少ないの違いってなんなんでしょうね〜?
木の湯船。確かにお家じゃ難易度高い。ヒノキとか憧れるけど管理がムリだわ。
温泉宿も石作りや岩風呂の方が多い気がするけど、やっぱり管理や維持費の問題なんですかね。
尚文さんは全体的に木のぬくもりいっぱいで。ひまわりさんもお好み?
ひまわりさんがお家を建てることがあったら、それはそれはもぅすっごい拘った素敵なお家になりそー!見てみたーい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。