箱根吟遊レポの続きぃ~。

さて。お待ちかねの夕食です!

いつも通りのメニューですが。今回大きく違ったのは

料理長が変わってる! ∑(`・д・´ノ)

さて、凶と出るか吉と出るか。

左の食前酒はラ・フランスのリキュール。
先附は、ビシソワーズ。紫芋とトマトの飾り。

一番はじめにスープが出るのって初めてかも。
やっぱり料理長が変わったせい?

前菜。手前のお皿はー

手前から、サーモンアボカド砧巻き。タコの柔らか煮。枝豆もみじ。

一口サイズでこじんまりとしてますが、
タコはホントに柔らかくて美味しかった。

もずくと、海老団子と、さつまいもの蜜煮と、キュウリ→なんの味付けだったかな?
どれも、家でも食べれるメニューだな…と思いながら。(; ̄ー ̄)

過去の吟遊の前菜は、とにかく盛りつけが派手で華やかで、
ワー!っていう驚きがあった気がしますが。

それに比べると、地味な印象。

でも、ひとつひとつ。味はおいしかったです。

お椀は、鱧心情。松茸とユズ。

お刺身は豪華でしたね~。

伊勢エビがあると、グッと豪華に見えるのかな?
一皿に二人分が盛られてきたからかな?
刺身醤油と、岩塩を自分で削るスタイルはいつもと変わらず。

煮物は、箱根山麓豚の紅茶煮だそうです。
とうもろこしの芯は、じゃがいもで。
メニューには、べっこう飴オレンジソースと書いてあったけど…
このお料理の味が、あまり記憶に無く…。(´・ω・`)

ごま豆腐。味噌餡がけ。上にのってるのは、アワビスライスだったと思う。

メインは、相州牛の塩麹焼き。

美味しかったけど、素材が良いなら、フツーのステーキで食べたかったな。
塩麹でごまかされてる気分になったのはアタシだけ?

付け合わせは、マコモ茸。ズッキーニ。アワビ茸。
ズッキーニの手前に丸っとある白いのは、塩麹だったかと。白米の甘い感じ。

ホタテとミョウガのご飯。赤出しと漬け物。
赤出しの中には…練り物だったかな?

帆立と茗荷のご飯は、固さも丁度良くて美味。



デザートはムース。上に桃のコンポート。
こちらも上品な甘さで良かったです!

いつもならお昼も食べずに望む夕食。
今回は富士屋ホテルでケーキまで食べちゃったんで、
夕食食べきれるかな~?と心配だったんだけど。

全く問題なく完食。

っていうか、それぐらい量が多く無かったんだと思う。
→かといって、少ないかと言われたらそうでもない。
ちょうどいいってこと?

メニューや盛りつけに、驚きや斬新さは無いけど、

全体的に上品になった気がしました。

アレ美味しかったねー!っていう、記憶に残るメニューも無いが
全部食べ終わった後に「全体的に上品な味だったね」「良かったんじゃない?」
とダンナも言ってた。アタシも同感。

食後にコーヒーを別注文しました。
吟遊は、お部屋に置いてあるお茶は、ほうじ茶か煎茶か紅茶で、

コーヒーが無いのよねぇ~。

フリードリンクのサービスも無いし、
唯一注文できるラウンジの営業時間も限られてるので
好きな時間にコーヒーが飲めないのが、アタシ的にはマイナス。トホホ(;´д`)=3

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ おうちグルメへ

JUGEMテーマ:クチコミの宿